パパがいてる愛人の世界

父には愛人が存在するのです。
その事はとっくに分かっていました。
当然母も認識しているのです。
しかし家族にお金を入れているので文句は言うなといった父の考え方のため、誰も何も言えないでしょう。
母はいつだって父の言いなりになると言わざるを得ません。
父に愛人がいても黙っている事しかできないのです。
母には身寄りがございませんので、離婚しても向かうあてがないと思います。
であるため愛人が存在する父を、黙って眺めているだけしかできないんです。
その事に気づいた私も父に怒るしかできなかったのです。
しかし父を責めても、父は愛人と別れる事はしませんでした。
そしてもう十年以上経っているはずです。
私はこの愛人が許せません。大嫌いでしょう。
見たことはなかったのですが、長い間大嫌いだったのです。
それから大人になった私は、いよいよ父の愛人を見たのです。
この目で確かめてみてしまったのです。
堂々と近所を父と腕を組んで歩いていたのです。

母と比べても若くて母と比較してもきれいでした。
身なりは素敵な女性だったのです。
けれどもきつそうでした。
すごくきつそうで華やかで、母とはやはり違った種類だと思います。
確かめてみても声を掛ける事は不可能です。
これに関しては恥であるためです。
ここで私が騒いだら、母を傷つけてしまうからではないでしょうか。
であるので私も母みたいに何も言えませんでした。
こうも堂々としている父たちの様子を見た時、やはり何もできなかったのです。
悔しくてたまりません。
しかし現在の生活が存在するのは父のおかげです。
きっちりと生活費を入れてくれて、何不自由ない生活をできているのは父のおかげだと言えます。
そういう理由で何も言えませんでした。

続きを読む≫ 2016/09/07 11:28:07

若い頃、しばらく社長さんや重役規模の人と愛人関係をしていました。
愛人というと、なんだか不道徳で悪いモノ、といった印象をお持ちの人も多いようです。
だけど、愛人関係はビジネスと変わりません。
若く美しいカラダと、機会を提供している見返りに報酬を頂けたりと、間に金銭などが絡む関係が『愛人関係』です。
中途半端な浮気とか不倫のほうが余ほどタチが悪いと考えます。
よって、当然のことで賢明な愛人はお相手の方のご家族をこわすような事は期待しません。
本妻の方においても、敵対心など持ちません。
愛人は、愛人のテリトリーの任務を果たすだけだと言えます。
そのように愛人関係を持つ男性は、それなりの経済的余裕がおありの人です。
愛人に対するお手当もきっちりとくださいますし、本妻さんとかご家庭を大事にしなければいけないことも忘れてはいません。
そのような人の愛人達はみな、100%満足していると思いますので、お相手のご家庭に迷惑と言われるような事はまったくしません。
浮気相手みたいに、敢えて自らの存在を訴える事などもございません。
反対に、そういった器も余裕も欠けるくせに愛人を持とうとする男性は、身の程知らずとしか言いようがないでしょう。
このような中途半端な男性が愛人を作る事で裁判といった紛争が起きているみたいです。
可能性として、愛人といった立場から本妻になるケースも考えられます。
とは言え沢山の愛人は最初から家族を壊そうや、自身が本妻になろうとか思い描いている方は珍しいです。

愛人といった立場に満足しているといるでしょう。
真の意味での愛人関係は、社会に氾濫している浮気や不倫みたいと比較するとずっとクリーンで割り切った関係になると言えます。

 

《愛人・パパを見つけるならコチラ》

パパ募集・パパ探しはどこで?パパと出会える3つの掲示板とは?

続きを読む≫ 2016/08/24 14:16:24

昨今、愛人を作っている女性は思いのほか多数いるとされております。
愛人を作るのには、色んな優れた点があるとなっており、愛人稼業というものを継続していらっしゃる女性も少なからずいるのです。
こうした愛人を行っている女性のケースでは、数多くのお金を受け取っているといった場合も存在しますし、更に愛人に支援してもらい、そして高額の資金で店などを立ち上げているといった女性も存在します。
愛人をする有益性なんですが、こうした金銭的な支援を受け取るというのができる、といった利点が考えられます。
それから、愛人という形で、魅力的な時間を過ごしたことの他に、こうしたお金を与えてもらうということが可能なんですから、人によってはかなり嬉しいと思えるということも多いのではないと思います。
だけれど、愛人には欠点が存在します。
かりに、愛人はお金目論見でつくる女性も多いと思いますが、愛人というものは、いつ「愛人契約」そのものが終わってしまうのか把握していない、という弱点が存在します。
たとえば、愛人として利益を手に入れたい、と思い描いていたと考えても、数か月後には捨てられてしまう可能性も考えられますし、更には他の女性に乗り換えられてしまう、と言うことも考えられます。
自分が誠心誠意を尽くしていたとはいえ、相手の男性の都合で、そのまま終わってしまうといったことも少なくないのです。
こうしたことからすると、愛人稼業と言われるのは大変不安定とされますし、人の気持に影響されるということで、不確定要因の高いものであると言えるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2016/08/21 14:58:21

愛人と言われると、昔だと暗い印象がありましたが、近年になったら、愛人は男性のいいとこ取りで相当にいい印象だな、と考えるようになりました。
妻は夫の手伝いをする必要がありますが、愛人は手伝いを行うことが求められておりません。
おいしいものを外に食べに行ったりして、労力が必要ありません。現実に愛人になったことがございませんので、想像でしか考えられませんが、愛人は美人で、生活感がなく、日ごろより色っぽくてかっこいいなという印象があります。
妻は生活感の見られるので、愛人にはそういった生活感が欠けるところが気に入られるのではないかと考えます。
愛人は生活費をもらって日常生活をしていればいいので、いつもは自由気ままな生活が可能なのでしょう。
少し前から私は妻になることよりも、愛人と言われることのほうに関心があります。
面倒な男性のくらしのお手伝いをしなくて良いのは何をおいても楽です。
日陰の存在といっても、愛人のくらしは潤っていると考えられます。
愛人は美人で妻はブサイクといった印象が考えられます。
愛人という形で生活をしていたら、結婚してみたいとは感じないに違いありません。
愛人になるためには男性のハートをつかむような機転がきくコミュニケーションや色っぽさが要求されます。
夫婦になっても愛人のような関係を築けたらベターなのでしょうが、これに関しては極めて困難なのです。
愛人になってみたいと思い描いても、愛人をもつだけに限られた能力を持つ男性はあまり多くないと思います。
皆、妻のみでもいっぱいいっぱいのようで、愛人を持つだけの懐の深さが欠けているのが現実のようです。

続きを読む≫ 2016/08/20 15:22:20 CACE

愛人と言うのは極めてとんでもない商売なのだと言えます。
何故なら、愛人と言うのはやはりストレスがたまることも考えられます。
好きともいない男性と愛人をし、それに金銭を頂けるといったことだけを聞いていれば割がいいかのごとく思われますが、やはり別れ時などには沢山のもめることもあるでしょうし、バレたりした場合間違いなく大変です。
もっと言うなら、心身ともに、その方に費やさなければいけないから、相当ストレスフルではないでしょうか。
愛人を行っている女の人もこの社会に存在するでしょうが、その方は、確実にメンタリティがあると思われるか、すさまじい金銭に対する執着心の見られるというか凄いと考えます。何故なら、愛人を行うには労力がいるからです。
愛人を行うのためには、好きでもない男性に好きなのだというように演技をする必要がありますし、加えてその男性に好かれなければ駄目だと言えます。
気遣いなども必要だと思いますし、それにその男性の好みに応じて自分自身を変えなければダメでしょう。
普通の女の人であれば、好きでもない男性と、そのような行為はしたくないと考えることが一般的な感性ですし、それが平然とできるというのは極めてすごいことなのではないかな、と言えます。
金銭と言う理由でそのようなことが出来てしまう、といったことでもなんとなく一般じゃないな、と思われます。
こうした女の人はもともと金銭に困っているとか、金銭に執着心がある人ではないのかな、と考えます。
そうじゃなければつづけることが困難ですし、かつ愛人をやろうとも思わないと思います。

続きを読む≫ 2016/08/19 15:40:19